「青池」と「鶏頭場の池」はカラフルな紅葉と水鏡が美しい場所☆【旅レポ:秋の東北ツアー8】

期待を裏切らない十二湖☆

※この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

こんにちは、ふわりです♪
秋の東北ツアー(2017/10/27-29)最終日最後に訪れたのは、世界自然遺産「白神山地」にある十二湖の内の「青池」「鶏頭場の池」です。
青池は落葉で水面がほぼ埋め尽くされており、あいにく期待していたコバルトブルーを拝むことは出来ませんでしたが、落ち葉の隙間から薄っすらと群青色の透明度の高い湖水を見ることが出来ました。
でも、そんな悲しみをなかったことにしてくれたのが鶏頭場の池☆緑・黄・オレンジ色に染まった山と水鏡はとても美しく、大満足な最終観光地となりました。オススメです♪

青池

まるでブルーのインクを垂らしたよう☆と言われる青池。
ポツリポツリ小雨が降り始めた中、青池に到着すると、みな苦笑いした程、湖面は落葉で埋まっており、一面に広がるコバルトブルーの湖水は見ることが出来ませんでした(^^;
でも、葉っぱの隙間から薄っすらと群青色の透明度の高い湖水を見ることが出来ましたよ。晴れた日はどれほど美しいのでしょうね♪ 青池はまたいつかの楽しみに☆

青池:少しだけブルーと透明なのが見えます♪

青池:少しだけブルーと透明なのが見えます♪

木製のデッキがあり、青池を上から眺めることができます。

木製のデッキがあり、青池を上から眺めることができます。

面積:975平方メートル、深度:9.0メートル

面積:975平方メートル、深度:9.0メートル

鶏頭場の池(けとばのいけ)

青池に向かう途中、左手に木々の間から見えていた鶏頭場の池(けとばのいけ)。緑・黄・オレンジ色に染まった山とブナの木と水鏡はとても美しかったです☆

カラフルで美しい

カラフルで美しい

紅葉した山と水鏡と枯れ木

紅葉した山と水鏡と枯れ木

山のてっぺんからすそまで湖面に対称に写したかったのですが、単焦点レンズ&木立がフレームインしてくるのでこれが限界でした。残念(^^;

山のてっぺんからすそまで湖面に対称に写したかったのですが、単焦点レンズ&木立がフレームインしてくるのでこれが限界でした。残念(^^;

まぁるい山に、ポコポコ色づいた木々が可愛いんだな♪

まぁるい山に、ポコポコ色づいた木々が可愛いんだな♪

後ろには「崩山」がそびえ立っています

後ろには「崩山」がそびえ立っています

崩山(くずれやま)について

津軽国定公園十二湖を象徴する岩嶺の山である。白神岳から北西に延びる稜線上の先端に位置している。
(中略)
大崩は崩山の八合目に位置し、地滑りでできたとされる大崩落の山である。大崩落は地肌を完全にそぎ落として、山の半分を岩場にしている。この岩場の大崩近くの展望地から見る十二湖は、小さな池は森に隠されて、大きな池だけが12個見えたことから「十二湖」と名付けられたとされる。
(中略)
大崩周辺は危険だが、眼下に大展望を得ることができる。

出典:Wikipedia「崩山」

崩山から十二湖の大展望を見てみたいものですね♪

鶏頭場の池近くまでおりてみた

帰りのルートでは右手に鶏頭場の池が見えます。他の方々は気付かずスルーされていましたが、友達が鶏頭場の池近くへ行ける入口を見つけてくれました☆「鶏頭場の池・休憩所」という看板がある所を入ると、ややうっそうとした木立が広がっており、左手、正面、右手に道がありました。

この右手に鶏頭場の池入口があります☆

この右手に鶏頭場の池入口があります☆

「鶏頭場の池・休憩所」という看板がある所を入ります。

「鶏頭場の池・休憩所」という看板がある所を入ります。

曇り空なのにこの明るさなんです。ブナの木大好き☆

曇り空なのにこの明るさなんです。ブナの木大好き☆

曇り空にも関わらずキラキラと光る紅葉したブナの木が見えて、ひっそりとした静寂な空気、神秘的な世界が広がっています!「手付かずの秘密の場所」というニオイがプンプンします(^^) この先を左に進むと、目の前に鶏頭場の池が現れました☆ 

ジャーン☆小さな池が見えました!鶏頭場の池の端っこになります。

ジャーン☆小さな池が見えました!鶏頭場の池の端っこになります。

湖面ギリギリまで近寄れます♪楽しい~(^^)/

湖面ギリギリまで近寄れます♪楽しい~(^^)/

水鏡☆

水鏡☆

いやぁ、もう絵になります☆枯れ木がいい味わいを醸し出してくれてます♪

いやぁ、もう絵になります☆枯れ木がいい味わいを醸し出してくれてます♪

飽きない~☆

飽きない~☆

何枚も撮りたくなる♪

何枚も撮りたくなる♪

すごく心地良い場所です☆

すごく心地良い場所です☆

少し移動し、今度は正面の道を進みました。

湖面が広がりました♪

湖面が広がりました♪

カラフルでモコモコの紅葉が可愛いわ、キレイだわでたまらんですo(^^)o

カラフルでモコモコの紅葉が可愛いわ、キレイだわでたまらんですo(^^)o

ここ、蔦沼みたいに撮れると思うんです。もっと広角のレンズで撮ってみたいです☆

ここ、蔦沼みたいに撮れると思うんです。もっと広角のレンズで撮ってみたいです☆

ここもずっと居られる場所だなぁと思いました。朝から晩まで、三脚を立てて刻々と変わる景色を撮影したいです(^^) 下からあおって広角で撮ったらどんな絵が見えるだろう~? 晴れていたら光がこの場にどんな輝きや色を加えてくれるんでしょうね♪ リベンジしたいっ!!
でも最後に素敵な池に出会えて良かった。楽しかった(*^^*) 満足満足♪ さぁ、帰ろう♪

帰ろう♪

帰ろう♪

十二湖情報

十二湖(じゅうにこ)は、青森県西津軽郡深浦町にある複数の湖の総称である。白神山地の一角で、津軽国定公園内にある。
(中略)
十二湖を構成するこれらの湖は、1704年の能代地震による崩山(くずれやま、標高939.9m)の崩壊で塞き止められた川から形成されたのではないかと推定されている。十二湖という名称は広大なブナの森に点在する33の湖沼が、「大崩(標高694m)から見ると湖沼数が12に見える」ということに由来するとも言われているが、詳しくは分かっていない。ただし、偶然にも面積が10,000m2を超える湖沼数は12となっている。近隣にはブナ林が密集し、それらの水分の含有量が多いため、自然の造った水桶あるいはダムのようであり、しかも自然の浄化装置を持つとでも表現できるほどの水質の良い水が各所で湧き出している。

出典:Wikipedia「十二湖」

参考サイト

十二湖info
白神なびオススメの白神「十二湖」の楽しみ方
じゃらんnet青池

十二湖案内図

十二湖案内図

地図

アクセス:JR五能線十二湖駅より弘南バス奥十二湖行15分、奥十二湖より徒歩10分。

機材・バッグ

さいごに

十二湖はやっぱり期待を裏切りませんでした♪
秋に青池を訪れる際は、水面が落葉で埋まる前の落葉前が良いですね(^^;
でもでも、あいにくの空模様でも、カラフルな紅葉と山と水鏡がキラキラと光ってどこもかしこも素晴らしい光景☆ 人の手がほとんど入っていないように感じる本当の大自然を見せてくれて感激でした(^^) 鶏頭場の池だけでも1日いられそうだと思ったので、いつか3日間くらいかけて、十二湖めぐりをしたいです☆
鶏頭場の池はパワーがひしひしと伝わってきてとても心地良い場所なので、ぜひ、皆さんもお時間がある方は池の近くまで行ってみてくださいね。オススメです☆

秋の東北ツアーの旅レポはこれにて終了。あとはまとめ記事を残すのみです。写真多めの旅レポをお読みいただきありがとうございました(*^^*)

今回私は阪急交通社トラピックスさんを利用しました♪
阪急交通社(国内海外ツアー・宿泊)

【関連記事】
[秋の東北ツアー] 1.世界遺産「中尊寺」金色堂と境内の紅葉
[秋の東北ツアー] 2.八幡平山頂から眺める麗しい岩手山
[秋の東北ツアー] 3.紅葉と青い湖が美しい十和田湖畔散策(青森)
[秋の東北ツアー] 4.奥入瀬渓流 川の音を聴きながら紅葉した木々に包まれ夢のようなひととき
[秋の東北ツアー] 5.蔦沼とブナの紅葉が美しい沼めぐりの小路と秘密の場所☆
[秋の東北ツアー] 6.鶴の舞橋は岩木山の水鏡も楽しめる静けさが心地よい素敵な場所
[秋の東北ツアー] 7.五能線 リゾートしらかみに乗車

スポンサーリンク

五能線「リゾートしらかみ」に乗車【旅レポ:秋の東北ツアー7】

【作例】SEL28F20:昭和記念公園 2017年12月の風景

関連記事

  1. eye-oirase

    奥入瀬渓流で川の音を聴きながら紅葉した木々に包まれ夢のようなひと…

    こんにちは、ふわりです♪ 秋の東北ツアー(2017/10/27-29)2日目・2つ目の記事です。…

  2. 五能線「リゾートしらかみ」に乗車【旅レポ:秋の東北ツアー7】

    こんばんは、ふわりです♪秋の東北ツアー(2017/10/27-29)最終日。千畳敷海岸に立ち寄っ…

  3. eye-towadako

    十和田湖の青い湖と湖畔の紅葉美はどこを切り取っても絵になります(…

    こんにちは、ふわりです♪秋の東北ツアー(2017/10/27-29)2日目・1つ目の記事です。…

  4. eye-tsutanuma

    蔦沼(つたぬま)とブナの紅葉が美しい沼めぐりの小路と秘密の場所☆…

    こんにちは、ふわりです♪ 秋の東北ツアー(2017/10/27-29)2日目・3つ目の記事です。…

  5. eye-tsurunomaihashi

    「鶴の舞橋」は岩木山の水鏡も楽しめる静けさが心地よい素敵な場所【…

    こんばんは、ふわりです♪ 秋の東北ツアー(2017/10/27-29)2日目・4つ目の記事です。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ナチュラグラッセ BBクリーム

カテゴリー

アーカイブ

翻訳 / Translate

広告

PAGE TOP