[秋の東北ツアー] 3.紅葉と青い湖が美しい十和田湖畔散策(青森)

見頃の紅葉はキラキラと光り十和田湖の湖面は青色が美しい

こんばんは、ふわりです♪ 秋の東北ツアー2日目・1つ目の記事です。
2日目は宿を7:30に出発して、4カ所(十和田湖、奥入瀬渓流、蔦沼、鶴の舞橋)をめぐります。私が行きたい所がドドドッと集中している日で、おまけに「快晴」ってことで、朝からテンションMAXです(^^)/
ではさっそく1カ所目、十和田八幡平国立公園を代表する景勝地の一つ「十和田湖」をどうぞ♪

十和田湖畔散策

と、その前に!十和田湖へ向かう途中の景色がすでに素晴らしかったので1枚。普通にスルーするのがもったいないくらいでした☆

昇仙峡みたい☆

昇仙峡みたい☆

10:10頃、十和田湖に到着♪ 青い空、紅葉した山、十和田湖、船、役者がスタンバイ☆

到着♪

到着♪

最初に添乗員さんに乙女の像まで案内してもらいました。紅葉の美しさに心を持って行かれ、乙女の蔵は撮り忘れてます(^^;

十和田湖のある景色

その後は11:50まで昼食時間込みで約90分の自由散策スタートです。やっほーい(^o^)/
湖のすぐ近くまで行けます。十和田湖って透明度が高いんですね~♪

F値を上げて十和田湖を撮ったら、右上の方に盛大にレンズの汚れが映っていることに気づきテンションが下がりかけましたが、目の前にど~んと広がる穏やかで美しい十和田湖が「そんなちっぽけなことなんて気にしないで♪」と、気持ちを一掃してくれました☆

ナナカマドの赤い実がかわいい♪

ナナカマドの赤い実がかわいい♪

出番待ち♪

出番待ち♪

時間があれば、遊覧船に乗ってゆったりと観光したいものですねぇ♪

遊覧船♪

遊覧船♪

手なんか振っちゃったりして(^^)

手なんか振っちゃったりして(^^)

パノラマモードで撮りたくなる景色

パノラマモードで撮りたくなる景色

橙色や黄色に紅葉した木々たち

オレンジと黄色の紅葉がキラキラ☆

オレンジと黄色の紅葉がキラキラ☆

紅葉している大きな木々に包み込まれながら散策♪

紅葉している大きな木々に包み込まれながら散策♪

この紅葉がキラキラ光ってほんとうにキレイでした☆

この紅葉がキラキラ光ってほんとうにキレイでした☆

誰かがセッティングした後を(笑)

誰かがセッティングした後を(笑)

燃ゆる

燃ゆる

食べ物屋さんもいろいろありました。奥入瀬ビール気になる(^^)

昼食はレストランひめますの「せんべい汁定食」

気づけばまたもや時間が(^^; 急いでランチをとらねばということで、バスの駐車場からあまり離れていない場所で昼食をとることにしました。
2階からの見晴らしが良さそうなので、レストランひめますへ。ここは「ひめます商店」というお店が1階でお土産屋さん、2階でレストランを営業しています。窓際は団体さんの予約が入っているようで、予約席以外で十和田湖を眺められる席をキープ。先客は同じツアーに参加されているご夫婦が1組。

店内

店内

窓側の予約席はセッティング済

窓側の予約席はセッティング済

見晴らし良し♪

見晴らし良し♪

11:22入店 ⇒ 11:50バス集合 なので早くできる料理をと尋ねると「今なら何でもできます。」とのこと。青森に来たら一度食べたかった「せんべい汁定食 1,200円」にしました。

せんべい汁定食。1,200円

せんべい汁定食。1,200円

グツグツと煮え始めたせんべい汁を20分でかきこみます。せんべい汁のせんべいがしんなりした状態も味わいたいところですが、「しんな」くらいを味わうことに(^^; でもでも、椎茸の旨味が染み出てとってもいい出汁の味!!それに何と言っても、あったまる~o(^^)o
ひめますの甘露煮、ほうれん草のおひたし、たくあん、大盛り気味のご飯。とても美味しかったです。ごちそうさまでした♪

ふわり
間に合うかなぁ~(>_<)

大きなお腹を抱えてダッシュでバスの駐車場へ向かうと間に合いました。ふぅ~。。
周りを見渡すと、紅葉がキレイ☆ 十和田湖って湖畔だけじゃなくここ一帯が美しいのですね。。。素晴らしいなぁ。

みちのく観光バスは「もみじ」がトレードマーク☆

みちのく観光バスは「もみじ」がトレードマーク☆

きれいなうろこ雲☆

きれいなうろこ雲☆

バスから最後の十和田湖を。グッバイ☆

バスから最後の十和田湖を。グッバイ☆

十和田湖情報

青森・秋田の両県にまたがる十和田湖。
(中略)
北の景勝地として名高い十和田湖。空も周りの山々も全て映し込む鏡のように美しい湖と、つい深呼吸したくなる開放的な大パノラマを臨むとき、何度訪れても言葉にできないほどの感動に包まれます。 十和田湖は、約20万年前に始まった火山活動により形成されたカルデラ湖です。 カルデラ湖とは、噴火によってできた陥没に、長い年月をかけて雨水が貯まってできたものを指します。 御倉半島と中山半島に挟まれた中湖では327mの水深を示し、日本では第3位の深さ。大地をえぐった噴火のエネルギーのすさまじさと、形成にかかった年月の長さを感じることができます。

引用:一般社団法人 十和田湖国立公園協会

周囲 約44km
面積 約59.8キロ平方メートル
水深 327m
標高 400m
透明度 18m

地図

機材

さいごに

十和田湖は、随分前に広大で真っ青な十和田湖の写真を見てからずっと訪れたかった場所です。東京から行くにはずいぶんと遠く、「行きたいな♪ 見てみたいな♪」と計画を立てては、何度か頓挫しました。まず距離がネック。移動時間がかかる。日数が必要。せっかく行くなら奥入瀬渓流も行きたい。十二湖も見たい。そんなに休みが取れない。オンシーズンの連休だと旅費が高い。車がないと移動が大変。。無理。。その繰り返しでした(^^;
ある日、学生時代の友達とご飯を食べながら旅行の話が持ち上がり、

ふわり
じゃぁ、一緒に行っちゃう? 行くなら今しかないね(^^)/

と、ようやく決断できました。そうと決めたら迷っている時間はありません。安いツアーを探しました
他より安いというのには何か理由があるものです。この場合、「バスでの移動時間が長い」ということでした(笑) でも体力がある今だからこそ参加できたツアーですし、何よりこんなに素晴らしい快晴のもと見頃の紅葉と、念願の美しい十和田湖を見ることが出来て良かったです☆ 思い切って行って良かったな。経験は何ものにも代えがたいなって、しみじみ感じてかみしめています♪
つづく。

今回私は阪急交通社トラピックスさんを利用しました♪
阪急交通社(国内海外ツアー・宿泊)

【関連記事】
[秋の東北ツアー] 1.世界遺産「中尊寺」金色堂と境内の紅葉
[秋の東北ツアー] 2.八幡平山頂から眺める麗しい岩手山
[秋の東北ツアー] 4.奥入瀬渓流 川の音を聴きながら紅葉した木々に包まれ夢のようなひととき

スポンサーリンク

eye-hachimantai[秋の東北ツアー] 2.八幡平山頂から眺める麗しい岩手山

eye-oirase[秋の東北ツアー] 4.奥入瀬渓流 川の音を聴きながら紅葉した木々に包まれ夢のようなひととき

関連記事

  1. eye-tsurunomaihashi

    [秋の東北ツアー] 6.鶴の舞橋は岩木山の水鏡も楽しめる静けさが…

    こんばんは、ふわりです♪ 秋の東北ツアー2日目・4つ目の記事です。 4カ所目に訪れたのは「鶴の舞…

  2. eye-chusonji

    [秋の東北ツアー] 1.世界遺産「中尊寺」金色堂と境内の紅葉

    2017年10月27日(金)~29日(日)の日程で、秋の東北ツアー「秋色煌めく十和田・奥入瀬・八幡平…

  3. eye-tsuruoka-sanpo

    【旅レポ】山形 鶴岡の川沿い散歩|鶴岡から山形への移動は高速バス…

    山形旅2日目の朝、目覚めてカーテンを開けたらまだギリギリ雨は降っていないもよう。遠くにうっすら山が見…

  4. eye-mitoya

    【旅レポ】山形「美登屋」の天ざるとさくらんぼ漬

    美登屋朝ごはんはおにぎり1個にして山寺を登りましたので、さくらんぼソフトクリームくらいじゃお腹は…

  5. eye-tsutanuma

    [秋の東北ツアー] 5.蔦沼とブナの紅葉が美しい沼めぐりの小路と…

    こんにちは、ふわりです♪ 秋の東北ツアー2日目・3つ目の記事です。 「蔦沼」へ行きました。直前に…

  6. eye-aomoyira-r

    【旅レポ】山形「フルーツショップ青森屋」のタルト3種♪

    フルーツ王国山形で、新鮮なフルーツタルトが食べたい!!山形旅行をするにあたり、山形がフルーツ王国…

  7. eye-oirase

    [秋の東北ツアー] 4.奥入瀬渓流 川の音を聴きながら紅葉した木…

    こんにちは、ふわりです♪ 秋の東北ツアー2日目・2つ目の記事です。 いよいよ奥入瀬渓流と対面です…

  8. eye-cafe990

    【旅レポ】山形「Cafe&Dining 990」のケーキセットで…

    夏の雨は、蒸し蒸しして体力を奪われますね。。。 喫茶店でゆっくりコーヒーでも飲んでから帰ろう♪ …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

広告

最近の記事

  1. eye-tsurunomaihashi
  2. eye-e-3508
  3. eye-tsutanuma

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村

翻訳 / Translate




PAGE TOP