[秋の東北ツアー] 1.世界遺産「中尊寺」金色堂と境内の紅葉

神秘性。螺鈿細工や境内の紅葉の美しさ。境内全体に流れる清々しい空気を感じて。

2017年10月27日(金)~29日(日)の日程で、秋の東北ツアー「秋色煌めく十和田・奥入瀬・八幡平・鶴の舞橋 人気のリゾート列車五能線リゾートしらかみ・神秘の青池3日間」へ行ってきました。何年も前から新緑か紅葉の頃に行きたかった「十和田湖、奥入瀬渓流、青池」全てが含まれる盛りだくさんのコースです☆

往路と復路は東北新幹線を利用したもののほぼ「観光バス旅」と言って間違いないツアーでしたが、2日間は快晴で、参加メンバーにも恵まれとっても楽しく東北の自然の美しさを満喫できた旅でした。まずは1日目、出発から最初の見どころ世界遺産「中尊寺」の美しい金色堂と紅葉のグラデーションがキレイな境内の様子までをご紹介します♪

世界遺産「中尊寺」金色堂と境内の紅葉

行程

07:30 集合(東京駅日本橋口付近)⇒ 08:08 東京駅発(やまびこ127号) ⇒ 09:32 郡山駅着 ⇒ 09:50 郡山発(観光バスに乗り換え) ⇒ 11:40 菅生PAにて休憩(バス車中で昼食) ⇒ 13:00~14:00 中尊寺観光

集合場所:東京駅日本橋口付近 (07:21)

集合場所:東京駅日本橋口付近 (07:21)

やまびこ127号 (08:02)

やまびこ127号 (08:02)

東北新幹線「郡山駅」で下車。そこからはみちのく観光バスに乗り換え、3日間、バスで岩手・青森・秋田をめぐります♪ 最初の休憩は菅生PAで。

菅生PA とってもいい天気(^^)/ (11:40)

菅生PA とってもいい天気(^^)/ (11:40)

昼食は駅弁♪

この日の昼食は時間短縮のため、移動中のバス車内でとります。東京駅で購入した「焼漬鮭ほぐし弁当」は鮭もご飯もしっかり入ってて、鮭は焼いたのではなく漬け込んだものをほぐしてあると言うだけあって旨味が広がり美味しく当たりでした☆

「焼漬鮭ほぐし弁当」。とっても美味しい♪ (11:44)

「焼漬鮭ほぐし弁当」。とっても美味しい♪ (11:44)

左端のお豆の甘から揚げがいいおつまみになりそ(笑)

左端のお豆の甘から揚げがいいおつまみになりそ(笑)

国宝建築「中尊寺」金色堂

13時、中尊寺に到着!TVなどで見かける光景です。「どうしてこんなに有名なのだろう?」と思っていましたが、実際にこの場に立つとわかりました。
「あ、ここはとても素晴らしい気が流れている。。」と。体の中がスーッと浄化されていくような清々しさを感じました。しんとしたキレイな空気の流れを感じます。神聖な場所。神秘。。そんなことばが浮かびました。じわじわ、ひしひしと感じました。う~ん、なるほど。。百聞は一見にしかずですねぇ。

あぁ。。美しい。とても神々しい。

あぁ。。美しい。とても神々しい。

空気がとてもキレイ

空気がとてもキレイ

金色堂の拝観料金は800円で、中は撮影禁止です。
内部に入ると金色の世界がパーッと広がりました。少し照明を落としてあるからでしょうか、ハデハデしさは感じずしっとりとした金色はとても心地よいものでした。建物はすべて漆を塗った上に金箔を貼っているのだとか。手間がかかっていますねぇ~。
そして何より私が気に入ったのが、螺鈿細工(らでんざいく)「夜光貝」を使った装飾が施されているのですが、本当に美しくて上品でほんのり虹色が光るのです☆ これが1124年につくられたものだなんて!!すっかり心を奪われました(*^^*)

[ご参考] 螺鈿細工

例)螺鈿細工 ※写真ACサイトより

例)螺鈿細工 ※写真ACサイトより

螺鈿細工の得も言われぬ美しさの余韻に浸りながら外へ。すると今度は境内の紅葉に目を奪われました(^^) 関東はまだ紅葉していないのに、こちらはもう五分程度紅葉してました。「キレイだね~♪」と、何度も口にしてしまうほどの美しさです☆ 一足先に紅葉を楽しめるなんて!東北に来て良かった♪

紅葉のグラデーションがとても美しい

紅葉のグラデーションがとても美しい

関山天満宮。木の根っこが(^^;

関山天満宮。木の根っこが(^^;

白山神社と能楽殿への入り口

白山神社と能楽殿への入り口

釈迦堂。赤い紅葉がガラスに映り込んでいます☆

釈迦堂。赤い紅葉がガラスに映り込んでいます☆

日が差し込むととても美しく輝きます

日が差し込むととても美しく輝きます

白山神社・能楽殿(国の重要文化財指定)

白山神社・能楽殿(国の重要文化財指定)

立派な能楽殿で圧倒されました。夜にぜひ能を観てみたいな。

立派な能楽殿で圧倒されました。夜にぜひ能を観てみたいな。

弁財天堂。もっと紅葉したらとても絵になりそうです♪

弁財天堂。もっと紅葉したらとても絵になりそうです♪

月見坂。両側の紅葉は大ぶりで生き生きとしていました。

月見坂。両側の紅葉は大ぶりで生き生きとしていました。

大きな銀杏も黄葉♪

大きな銀杏も黄葉♪

オレンジ色から赤に変わりつつある紅葉の美しいこと☆風に流れるかのような枝ぶりが素晴らしい。

オレンジ色から赤に変わりつつある紅葉の美しいこと☆風に流れるかのような枝ぶりが素晴らしい。

思わず何枚も撮ってしまいました(^^)

思わず何枚も撮ってしまいました(^^)

関山 中尊寺情報

名称 関山 中尊寺
住所 岩手県西磐井郡平泉町平泉衣関202
アクセス JRから平泉駅から中尊寺月見坂入口まで1.6km(徒歩25分)
関山 中尊寺所在地・交通
金色堂拝観料金 大人 800円 ※金色堂・讃衡蔵・経蔵・旧覆堂(通常拝観料金)
関山 中尊寺拝観情報

機材・バッグ

さいごに

金色堂で感じた神秘性。螺鈿細工や境内の紅葉の美しさ。境内全体に流れる清々しい空気。。。とても素晴らしい場所でした(^^)

教訓:時間配分を考えよう

「色が薄くて申し訳ありません(^^;」
と言いながら、添乗員さんが配布してくれた中尊寺マップです。これを見ながら、境内を散策しました♪

中尊寺のサイトにもデータが掲載されていますね♪
関山中尊寺拝観情報境内案内図(PDF)

配られた中尊寺マップ

配られた中尊寺マップ

ツアーの集合時間は14:00。下の写真をもう少し前進すると右手に「平泉レストハウス」があり、その裏の大きな駐車場に14:00までに戻らなければなりません。

やっと下りてきました

やっと下りてきました

最初に金色堂をゆっくりと拝観し螺鈿細工に見入っていたら時間がなくなりまして、途中で月見坂が想像していたよりも距離が長いことに気づき、後半は早足で坂を下りました(^^; ツアー初日の見学1箇所目にして、

ふわり
ツアーは時間配分をよく考えて行動する必要があるのね。。

と学びました(^^;
さぁ、次の目的地へLet’s Go~っ(^o^)/

今回私は阪急交通社トラピックスさんを利用しました♪
阪急交通社(国内海外ツアー・宿泊)

【関連記事】
[秋の東北ツアー] 2.八幡平山頂から眺める麗しい岩手山
[秋の東北ツアー] 3.紅葉と青い湖が美しい十和田湖畔散策(青森)
[秋の東北ツアー] 4.奥入瀬渓流 川の音を聴きながら紅葉した木々に包まれ夢のようなひととき

スポンサーリンク

eye-yamanouchi-matome【旅レポまとめ】2017年10月 長野(山ノ内町&小布施)1泊2日バスツアー

eye-hachimantai[秋の東北ツアー] 2.八幡平山頂から眺める麗しい岩手山

関連記事

  1. eye-tsutanuma

    [秋の東北ツアー] 5.蔦沼とブナの紅葉が美しい沼めぐりの小路と…

    こんにちは、ふわりです♪ 秋の東北ツアー2日目・3つ目の記事です。 「蔦沼」へ行きました。直前に…

  2. eye-oirase

    [秋の東北ツアー] 4.奥入瀬渓流 川の音を聴きながら紅葉した木…

    こんにちは、ふわりです♪ 秋の東北ツアー2日目・2つ目の記事です。 いよいよ奥入瀬渓流と対面です…

  3. eye-towadako

    [秋の東北ツアー] 3.紅葉と青い湖が美しい十和田湖畔散策(青森…

    こんばんは、ふわりです♪ 秋の東北ツアー2日目・1つ目の記事です。 2日目は宿を7:30に出発し…

  4. eye-foodever-lunch

    【旅レポ】旅の始まり|山形「つるおかFOODEVER・DONBU…

    「日本酒・魚・お蕎麦・果物・美しい景色」がすべて揃っている山形へ「旅に出て美味しい日本酒に出会い…

  5. eye-tongari

    【旅レポ】山形 街さんぽ「とんがりビル」のデザインに心踊る♪

    とんがりビルの写真雨の中、七日町御殿堰からぶらり山形の街を散歩。この角を曲がり、ガイドブックで見…

  6. eye-mitoya

    【旅レポ】山形「美登屋」の天ざるとさくらんぼ漬

    美登屋朝ごはんはおにぎり1個にして山寺を登りましたので、さくらんぼソフトクリームくらいじゃお腹は…

  7. eye-cafe990

    【旅レポ】山形「Cafe&Dining 990」のケーキセットで…

    夏の雨は、蒸し蒸しして体力を奪われますね。。。 喫茶店でゆっくりコーヒーでも飲んでから帰ろう♪ …

  8. 201707-yamagata-matome

    【旅レポまとめ】2017年7月 山形・鶴岡ひとり旅とひとりQAコ…

    こんにちは。ふわりです♪ 「みなさんは、旅でどんなことをしたいですか?」 私はキレイな景色や…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

広告

最近の記事

  1. eye-tsurunomaihashi
  2. eye-e-3508
  3. eye-tsutanuma

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村

翻訳 / Translate




PAGE TOP