【旅レポ】秋の京都3. 雨の大原「宝泉院」は五感を刺激され心が満たされる場所

五感を刺激され心が満たされる場所

※この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

天台宗の仏教が栄えた大原の中心的道場「勝林院(大原寺)」住職の僧坊として平安末期よりの歴史をもつ「宝泉院」。事前情報なしに訪れると、鶴亀庭園、額縁庭園、五葉の松、囲炉裏の部屋、調度品など心をくすぐられまくり☆ なとっても素敵な場所でした(^^)/ 写真多めでご紹介します♪

勝林院(大原寺)

実光院を出て左手に進み正面に見えるのが「勝林院(大原寺)」

実光院を出て左手に進み正面に見えるのが「勝林院(大原寺)」

立派なお寺さんですね

立派なお寺さんですね

紅葉に包まれています

紅葉に包まれています

参考サイト ▶ 京都観光Navi勝林院

宝泉院(ほうせんいん)

勝林院を右手に見てまっすぐ歩き右に曲がると宝泉院があります。

可愛い♪キュン☆

可愛い♪キュン☆

入口

入口

コンパクトで可愛い玄関♪紅葉と緑と右手の池が出迎えてくれます☆

コンパクトで可愛い玄関♪紅葉と緑と右手の池が出迎えてくれます☆

真っ赤です☆

真っ赤です☆

鶴亀庭園

江戸中期作。池の形が鶴、築山が亀、山茶花の古木を蓬莱山とみる名園。

塀の下にも池が続いています♪くすぐられポイント☆

塀の下にも池が続いています♪くすぐられポイント☆

生花が置かれています♪ くすぐられポイント☆

生花が置かれています♪ くすぐられポイント☆

こちらには「マユミ」がそっと絡ませてあります。超くすぐられポイント☆キュンキュンo(^^)o

こちらには「マユミ」がそっと絡ませてあります。超くすぐられポイント☆キュンキュンo(^^)o

額縁庭園

「客殿の西方、柱と柱の空間を額に見たてて観賞する。竹林の間より大原の里の風情を満喫できる。庭の名前は盤桓園(ばんかん、立ち去りがたい意)と称する。」
う~ん、いいですねぇ。この開放感!!五葉の松のみごとな枝ぶりは、タコの足のように動き出しそうです。

こういう場所で庭を眺めていると、心おだやかにいられます。

こういう場所で庭を眺めていると、心おだやかにいられます。

片ひじをついて眺めるわけですね♪ ※ピンぼけ失礼

片ひじをついて眺めるわけですね♪ ※ピンぼけ失礼

ここから庭を眺めるのが一番美しく見えるのだそうです♪ お殿様気分も味わえます(^^)

五葉の松

近江富士を型どる樹齢700年の五葉松。京都市指定の天然記念物。京都市内にある3つの著名な松の一つ。70年ほど前に高浜虚子が無住寺の宝泉院を訪れ、 「大原や 無住の寺の 五葉の松」と詠んだ。

出典:宝泉院.netみどころ案内五葉の松

枝ぶりがすごい

枝ぶりがすごい

しっかりと支えられていますね

しっかりと支えられていますね

抹茶と和菓子をいただく

拝観料(大人 800円)には抹茶と和菓子が付いており、庭を眺めながらゆっくりといただくことができます。和を味わえるこういう時間がたまらないです♪

このワンポイントがたまりません♪ キュンキュンo(^^)o

このワンポイントがたまりません♪ キュンキュンo(^^)o

このワンポイントがたまりません♪ キュンキュンo(^^)o

美味しゅうございました☆

客殿

広々とした客殿はそこにいるだけでも心地よいのですが、調度品の1つ1つ、ちょこっと庭が見えるようになっているポイントなど、乙女心? をくすぐるポイントがたくさんあり、なかなかその場を離れることができませんでした(笑)

あ!!庭が見える☆

あ!!庭が見える☆

素敵すぎ☆ 近寄っちゃう♪

素敵すぎ☆ 近寄っちゃう♪

鶴亀庭園が見えます☆素敵♪

鶴亀庭園が見えます☆素敵♪

この調度品も憎い♪ 絶妙な位置に配置されてます。

この調度品も憎い♪ 絶妙な位置に配置されてます。

ここも素敵☆

ここも素敵☆

モノクロでも撮りたくなるではないですか☆

モノクロでも撮りたくなるではないですか☆

あぁ、美しい。。。

あぁ、美しい。。。

ほんの少しだけ障子が開けられた隙間に、お花が置かれており、そのお花のシルエット越しに庭園が眺められます。憎いっ!!何この演出は☆ 私のこころをつついてきますよ。また、障子の上の飾りが光を通してアクセントになっています。ふぅ。。。私をここから動けなくする気ですね(^^;

おぉ!!なんて渋い☆

おぉ!!なんて渋い☆

シルエットがお好きなようです☆

シルエットがお好きなようです☆

囲炉裏の部屋

「周りに珍しい陶板をあしらった炉のある部屋。 静かな語らいの場として親しまれている。 自然の山を活かした庭を背景に、滝の流れる水音に癒される空間である。」
客殿へ向かう途中、少し開けられたふすまがありちらっと横目で見た瞬間、青色の世界にゾクッとしました。なぜか「青色」と感じたのですよね。そして、もうこの入口から絵になってるんです!!すかさず入りました。空間使いがたまらなく美しい☆これだけでも来たかいがあったと思いました。

ふすまには絵が描かれています

ふすまには絵が描かれています

庭を眺めながら囲炉裏端でゆっくりお話しできるなんて、ぜいたくな空間ですね♪

庭を眺めながら囲炉裏端でゆっくりお話しできるなんて、ぜいたくな空間ですね♪

ここで温かいだんご汁と熱燗をいただき、家族や友と語らう。。なんてことを想像しにんまりしてしまいました(笑)

ここで温かいだんご汁と熱燗をいただき、家族や友と語らう。。なんてことを想像しにんまりしてしまいました(笑)

こんな庭が見えますよ

こんな庭が見えますよ

高さがある庭は、緑が迫ってくる感じがしていいですねぇ♪

高さがある庭は、緑が迫ってくる感じがしていいですねぇ♪

庭から入口を眺める

庭から入口を眺める

こちらからも反対側の庭が見え、今度は屏風がアクセントになっていますね。

こちらからも反対側の庭が見え、今度は屏風がアクセントになっていますね。

部屋の片隅に置かれたおみやげコーナー。自然と目に入ります。

部屋の片隅に置かれたおみやげコーナー。自然と目に入ります。

カラカラ♪ と鳴らしたくなります。

カラカラ♪ と鳴らしたくなります。

さり気なく置かれた陶器や箸置きなど。どれも素敵なんです♪

さり気なく置かれた陶器や箸置きなど。どれも素敵なんです♪

連れて帰りたくなりました。

連れて帰りたくなりました。

各部屋の雰囲気を壊さないようにそっと置かれたおみやげコーナー。自然と手に取りたくなるという。。わざとらしくなく、ここもうまく空間を利用されているなぁと思いました。

その他にも

入ってすぐの場所に吊るされていた籠にビックリ!

入ってすぐの場所に吊るされていた籠にビックリ!

ほおずきもありましたよ。可愛い~(*^^*)

ほおずきもありましたよ。可愛い~(*^^*)

 

情報

名称 大原・宝泉院(ほうせんいん)
住所 京都市左京区大原勝林院町187番地

地図

愛用品

さいごに

宝泉院は血天井で有名らしいですがそれは触れないことにし(^^; 庭、景色、空間、小物、味覚etc…隅々まで心を配られていることが感じられるとても素敵な場所でした。五感を刺激され、心がたっぷりたぷたぷと満たされました(^-^) 女性ですが「いい場所だったなぁ~。余は満足じゃ☆」と言いたくなりました♪

大原は「三千院、実光院、宝泉院」の3カ所を訪れました。一本道を道なりに進むだけでOK!距離も近くて訪れやすかったです。宝泉院は、奉納演奏、舞踏公演、お茶会などのイベントも行われているようです。個人的には天女の舞を観てみたいなぁ~。皆さんも機会がありましたらぜひ(^^)♪

スポンサーリンク

eye-jikkoin【旅レポ】秋の京都2. 雨の大原「実光院」で静けさを味わう

eye-fushimiinari【旅レポ】秋の京都4. 伏見稲荷大社は清々しい場所

関連記事

  1. eye-giouji

    【旅レポ】秋の京都6. 祇王寺の草庵と苔庭と紅葉は10年経っても…

    3日目は嵯峨野を回りました。あいにくの曇り空で肌寒い中、まずは茅葺屋根の草庵と苔庭と紅葉がとても美し…

  2. eye-sanzenin

    【旅レポ】秋の京都1. 雨の大原「三千院」とゆば昼食

    久しぶりに京都の紅葉が見たくて2泊3日の日程でひとり旅。 10数年前、毎年のように母と旅行してお…

  3. eye-houkyouin

    【旅レポ】秋の京都8.「宝筐院」色とりどりの紅葉を楽しめる場所

    3日目、嵯峨野のオススメ紅葉スポット3カ所目・ラストを飾るのは「宝筐院(ほうきょういん)」です♪…

  4. eye-jikkoin

    【旅レポ】秋の京都2. 雨の大原「実光院」で静けさを味わう

    三千院から宝泉院に向かう途中、左手に見えた「実光院」の門構え。ふらりと立ち寄ると、コンパクトな敷地に…

  5. eye-nanzenji

    【旅レポ】秋の京都5. 南禅寺の紅葉

    夕方に訪れたのは南禅寺。グラーデーションが美しい紅葉や苔を見ながらゆったりと散策するのは楽しいです♪…

  6. eye-jojakko-ji

    【旅レポ】秋の京都7.「常寂光寺」紅葉のグラデーションを堪能でき…

    3日目、嵯峨野のオススメ紅葉スポット2カ所目は「常寂光寺」さんです♪ こちらも祇王寺と同様に、相…

  7. eye-fushimiinari

    【旅レポ】秋の京都4. 伏見稲荷大社は清々しい場所

    全国に30,000社あるお稲荷さんの総本宮である伏見稲荷大社へ。 朱色の大きな鳥居をくぐると目の…

  8. eye-daimonjiya

    【旅レポ】秋の京都9.嵯峨名物「大文字屋」のあぶり餅と懐かしいお…

    宝筐院の紅葉を愛でた後、嵯峨嵐山駅まで歩いて向かう途中、美味しそうな「大文字屋・あぶり餅」の文字を発…

最近の記事

  1. eye-hanegi-park
  2. eye-ikegami-baien
  3. eye-kotatsu-high
  4. eye-room
  5. eye-curtain-liner

広告

カテゴリー

アーカイブ

翻訳 / Translate

PAGE TOP