SEL24F14GM 開封の儀 & 購入した理由【レビュー】

コンパクトボディで中身もすごいレンズの開封の儀から♪

※この記事を読むのに必要な時間は約 16 分です。

こんにちは、ふわりです♪
清水の舞台から飛び降りて初めてのG Masterレンズ「SEL24F14GM」を購入しました。高いよ~!!ヒーッ(>_<)
でもでも、ちょっと使ってみたところ「コンパクト・軽い・写りがめっちゃ繊細でキレイ・すんごいボケ・カッコイイ」の五拍子揃った素晴らしいレンズなことがわかり、Happy(^^)/☆
そんなSEL24F14GMレンズの開封の儀から作例etc…少しずつアップしていきますね♪
まずは第一弾「開封の儀 & 購入した理由」からどうぞ♪

開封の儀

開けて最初に思ったことは、

わぁ、本当にコンパクトで軽い(^^)/

でした。片手で握れる大きさ。これはいいっ☆

カッコイイ☆

カッコイイ☆

レンズ最前面にフッ素コートを採用

レンズ最前面にフッ素コートを採用

α7IIにつけた図

カッコイイ(^^)

カッコイイ(^^)

レンズフードを着けないと前傾姿勢

レンズフード:無し

レンズフード:無し

レンズフード:無し

レンズフード:無し

レンズフードを着けると安定

レンズフード:有り

レンズフード:有り

「AF/MFフォーカスモードスイッチ」と「フォーカスホールドボタン」

「AF/MFフォーカスモードスイッチ」と「フォーカスホールドボタン」

「AF/MFフォーカスモードスイッチ」と「フォーカスホールドボタン」

  • AF/MFフォーカスモードスイッチ:AF/MFを瞬時に切り替えられるフォーカスモードスイッチ有り。レンズ側のスイッチでパッとAF/MFの切り替えが可能。私が持っているマクロレンズ(SEL90M28)もこのスイッチがあり、便利なんですよ♪
  • フォーカスホールドボタン:「これは何をするためのものかしら?」と思ったら、好みの機能を割り当ててカスタマイズできるそう☆例えば「グリッドライン」を割り当てれば、素早く構図の確認をすることができるとか♪ ほほぅ。。これは積極的に使っていきたいですねぇ(^^)何を割り当てようかな♪

「絞りリング」と「絞りリングクリック切り替えスイッチ」

絞りリング

絞りリング

絞りリングクリック切り替えスイッチ

絞りリングクリック切り替えスイッチ

  • 絞りリング:レンズ側で絞りが変えられます。左手で絞りを変えながらパシャパシャとシャッターを切る時に便利ですね。
  • 絞りリングクリック切り替えスイッチ:「ON」絞りリングをカチカチと1段階ずつ変えられます。「OFF」滑らかにするーっと絞りを変えられます。一気に開放から大幅に絞りたい時や、動画撮影の時に良さそうです。

手持ちのレンズとの大きさ比較

左から)SEL24F14GM/SEL90M28G/SEL24F18Z

SEL90M28Gと比べると、カメラにレンズを着けた状態で同じくらいです♪

24cmまで寄れます☆

むふふ。24cmまで寄れるのも購入の決め手の1つなんですよね☆
私のお気に入りレンズ「SEL24F18Z」は16cmまで近づけてグルメレンズとして大活躍中なので、それと同じくらいまで寄れるレンズが欲しかったのです。
ここまで寄れれば合格っ!!これは期待大ですよ~(^^)♪

レンズポーチ

こんなコロンとした可愛いレンズボーチがついてきました♪ 今まで付属のレンズポーチは使った試しがありませんが(^^; これはこのまま持ち歩きたいなo(^^)o

SEL24F14GMで撮りました。すごい描写!

SEL24F14GMで撮りました。すごい描写!

レンズ保護フィルター

大事なレンズの表面を保護するためにもちろんフィルターも準備済み♪ このレンズの口径は「67mm」ですのでそれにあわせて今回は「超低反射率0.3%」という謳い文句にひかれた「HAKUBA 67mm レンズフィルター XC-PRO」にしました(^^)

レンズ保護フィルターを付けた図

レンズフード

レンズフード取り外しボタン有り

レンズフード取り外しボタン有り

レンズフード取り外しボタン付き。レンズフードを外す時はボタンを押しながら回します。

残念ポイント:レンズフードの取り外しがスムーズにいかない

レンズフードの残念ポイントが1つ。レンズ保護フィルターを着けるとレンズフードの取り外しがスムーズにいかないのですよね(^^; まさかの展開に「どゆこと???」となりました。

どうもうまくはまらないんですよね~(^^;

どうもうまくはまらないんですよね~(^^;

①と②の幅を見るときっちりとはまっていないのが明らかですよね。。う~ん。着け外しの度にギリギリとフィルターの外側が削られていく気が。。。フィルターを外した場合、スムーズに取り外しが出来ます。でもフィルターを着けないと不安なのですよね。。いっそ溝を削ってしまおうかしら(^^;
どなたかいい案があれば教えてくださいm(..)m

仕様

大きさ 最大径7.54 cm、全長9.24 cm
質量 約445 g
フィルター径 67 mm
最短撮影距離 0.24 m
最大撮影倍率 0.17 倍
レンズ構成 10群13枚
その他 防塵・防滴構造。※ ほこりや水滴の浸入を完全に防ぐものではありません

購入理由:α7IIにSEL24F18Zをつけて風景を撮影した時の気になる点を解消したい!

シンプルライフに憧れ最近はレンズも断捨離し、「SEL90M28(マクロレンズ)」「SEL24F18Z(大口径広角単焦点レンズ:APS-Cフォーマット専用)」の2本のみ。少数精鋭でお花撮りにはマクロレンズ、普段使い&旅行には自称「グルメレンズ」のSEL24F18Zを使い、浮気もせずに楽しんでいます♪ そしていつか「SAL135F18Z」のEマウント版が出たらそれを購入して打ち止めにしよう☆と、地道に貯金してきました。

ところがですね、昨年α7IIにSEL24F18Zをつけて旅先で美しい景色に出会い写真を撮り、帰宅後に確認すると背景の描写が甘くてピントが合っていないようなちょっとざらつく感じがしたのです。。。それと画面の端の方が紫がかって見えるものも。。。

あの景色を見たまんまで残したかったなぁ~(;_;)

あの瞬間はもう二度とやって来ません。心に焼き付けたとは言え、もう一度写真で見たかったんですよね。何でかなぁ?とその理由が知りたくて、α6500にSEL24F18Zを着けて撮っている友達に尋ねると、

そんな風に感じたことないけどなぁ~。もしかしたらフルサイズカメラにAPS-C対応レンズを着けるとそうなるのかもしれないね。

とのこと。う~ん。そうなのかぁ。。。また別の日に、写真の世界に誘ってくれた友達に尋ねると、

フルサイズカメラにセンサーサイズが小さいASP-Cフォーマット専用レンズを着けると隅々まで光が届かないからね。。そういうことになるだろうね。

とのこと。なるほど、そういう仕組なのかぁ。何本もレンズを持つわけじゃなし、もうこれは旅に出た際に悔いの無いように、

SEL24F18Zのように近くが撮れてボケも素晴らしいこれ1本でOK!なフルサイズ対応版の広角レンズを買おうっ(^^)/

と決めました☆

候補のレンズは3本!

欲しいのは「SEL24F18Zに代わるフルサイズ対応の広角レンズ」です。外せないポイントはこちら。

  • 近づいて撮れる(出来れば最短撮影距離が25cm以内)
  • 暗所に強い(明るいレンズ)
  • ボケが柔らかく素晴らしい(F2.8でもレモンボケにならない)
  • 隅々まで美しい描写
  • コンパクト(小さければ小さいほど良し)
  • 持ち歩きが苦にならない重さ(軽ければ軽い方が良し)
  • 価格は安ければ安いほうが良し

そこで候補にあげたレンズはこれら3本。

【3本のレンズの比較】
レンズ TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD SONY SEL1635Z SONY SEL24F14GM
最短撮影距離 0.19 m(広角端) 0.28 m 0.24 m
長さ 117.8 mm 98.5 mm 92.4 mm
質量 550 g 約 518 g 約 445 g
希望小売価格(税抜) 100,000円 158,000円 198,000円
開放絞り(F値) 2.8 4 1.4
その他 デジタルカメラグランプリ2019「総合金賞」 防塵・防滴、ツアイス 防塵・防滴、G Master
サイト TAMRON28-75mm F/2.8 Di III RXD デジタル一眼カメラα(ソニー) iconSEL1635Z icon デジタル一眼カメラα(ソニー) iconSEL24F14GM icon

さぁ、出揃いました。これらからどのように判断しようかな?と。いろんな点から考えよう!

サイズ

サイズ(大きさ・長さ)の点。SEL24F14GMはタムロンより100gも軽くて3cmも短いです!!軽い&小さいは正義☆持ち歩いてなんぼ。これって大きなポイントなんですよね~♪ 私の場合、90mmマクロレンズは大好きですが大きくて重たいので旅先に持っていこうと思ったことは一度もないですからねぇ(^^;

機能

断然、SONY SEL24F14GMです。

価格

こんなに良さそうなレンズをタムロンさんは10万円で仕上げてきました。とても魅力的☆
それに比べてSEL24F14GMはタムロンの倍!!ヒーッ(>_<) こんなに高いレンズは買ったことがありませんし、「プロになるわけでもないのに、趣味でここまで出す必要があるのだろうか?」と、めっちゃ抵抗があります(^^; 
でも今回は、悔いのないこれ1本があればOK☆というレンズが欲しいのです。そこで思い出すのはこんなこと。
写真を始めて半年後、大好きなお花を撮っていて最初についてきた標準レンズではお花にあまり近づいて撮れないことが分かり、撮りたいものと予算を考えてマクロレンズ「SONY 単焦点レンズ SEL30M35」を購入しました。標準レンズとの写りの違いに最初は喜んでいたのですが、「ふんわりとしたもう少し大きな玉ボケ」をまとったお花までは撮れないことがわかりました。「せっかくマクロレンズを買ったのにどうして?」と嘆き、写真の世界に誘ってくれた友達に、

もっとふんわりとしたボケを撮りたいのにこれじゃ思ったように撮れないよぅ(;_;)

と泣きつきました。すると、

う~ん、そのレンズだとそこまでだろうねぇ(^^; ○ちゃんが求めているようなボケを撮りたかったらもっと高いレンズじゃないと撮れないかな。
高いレンズにはそれなりの理由があって、いいモノを作るためにはにコストがかかるものだからね。だから本当にいいモノが欲しかったら投資しないと結局後で後悔するんだよね~。
え~っ!?そうなの?聞いてないよ。。。そんな高い出費をするつもりで写真を始めたんじゃないんですけど~(^^;
それに、もっといいレンズはお値段が高くて大きくて重くてちっとも可愛くないじゃないかぁ~(>_<)

と内心思いました(^^; だって小さなカメラバッグと可愛いカメラを持って「カメラ女子♪」を楽しもう(^^)/って、写真を始めたんですもん。10万円近いレンズなんて庶民が買えるわけがないし、そこまで出したくないですし、写真の世界に足を踏み入れてしまったこと自体を後悔しそうになりました(^^;

そんな当初の思いが根強くあり、その都度出せる範囲内の選択肢にまず絞り、その中から少しずつ様々なタイプのレンズを試してきました。
ご参考)Profile:過去のレンズ

そうして30mmマクロレンズから始まり何本ものレンズを買って試しては「あれ?なんか違う(-_-)」と売ることを繰り返して来た結果、さすがにある時思いました。

う~ん、どうやら友達の言うことは本当みたいだなぁ。最初から思い切ってドーン!と高いけれどもいいレンズを買っておけば、遠回りしなくてすんだんだなぁ~(^^;

と。タラレバ話を言ったところでどうにもなりませんけれどもね(笑)唯一の救いはその経験のおかげで「自分が何が撮りたくて、どんな画が見たくて、何を求めているのか?」ということがわかったことです。それがあったからこそ今回、思い切って高いレンズも選択肢に入れたんですもんね♪

気持ち

最後はこれも大切な気持ちの点。

SEL24F14GMにしたら旅先で料理を玉ボケ付きで超美味しそうに撮れて、広角レンズで素晴らしい描写の景色が撮れちゃうんだろうな♪ 撮ってみたいなo(^^)o

それと、

わぁ~!すごいすご~い(^o^)/

と、旅先でキレイに撮れた写真を見て喜んでいる姿も想像出来ました☆

SONY SEL24F14GMに決定!!

ということで、SONY SEL24F14GM」に決定~(^^)/☆
いやぁ~。。ほんと悩みました(>_<) いくらいいモノを手に入れるためとは言え、レンズに20万円近く出すのはドキドキもんです☆でも数万円の差で妥協してまた後悔したくないので、今回は思い切って本物に行きました。

これでダメならもうSONY純正レンズは買わないんだからねっ!

という決意とともに(笑)

次回、初撮りをアップします。では、また~(^^)/

スポンサーリンク

巾着田の曼珠沙華と里山風景【作例】α7II + SEL90M28G

SEL24F14GM 新しいレンズを持って川へ行こう♪【作例】1回目

関連記事

  1. SEL24F14GM 新しいレンズを持って川へ行こう♪【作例】1…

    こんにちは。「お花大好きハイキー探求家」ふわりです♪今日は初めての試し撮り☆10月2日にSONY…

  2. SEL24F14GM 光と遊びググっと近づいて撮ってみた♪【作例…

    こんにちは。お花大好きふわりです♪SEL24F14GM の試し撮り2回目(多摩湖の取水塔)の続き…

  3. SEL24F14GM 新しいレンズを持って湖へ行こう♪【作例】2…

    こんにちは。お花大好きハイキー探求家ふわりです♪SEL24F14GM の2回目の試し撮りは、初め…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

翻訳 / Translate

広告

PAGE TOP