粉石けんと精油で作る食器用洗剤【ナチュラルライフ】

手荒れ知らずなコスパも良い食器用洗剤♪

こんにちは、ふわりです♪
ナチュラルライフシリーズ洗剤編
粉石けんと精油で作る食器用洗剤の作り方をご紹介。好きな香りで、好きな粘度で作れて、安心・安全な材料なので手荒れ知らず、コスパ良しです。

地球と体に優しい食器用洗剤の作り方

材料・道具

材料と道具はこれだけ♪

  1. 粉石鹸(ミヨシ石鹸「そよ風」など)
  2. 60度以上のお湯
  3. エッセンシャルオイル(精油)
  4. 容器
  5. 泡立て器

作り方

  1. 60度以上のお湯(350cc)をタッパ(400cc)に入れる。
  2. 粉石けん(35g)を入れる。ミヨシ石鹸の「そよ風」に付属している計量スプーンの場合、1/2~1/3くらいです。
    好きな粘度でお作りくださいね♪
  3. 泡立て器などで静かにかき混ぜる。
    ※ 勢いよく混ぜると泡が立ちますが、時間とともに消えます。

  4. 粉石けんが溶けたら、好みのエッセンシャルオイル(精油)を数滴入れる。
    ※ 香りが不要な方は入れなくてOK。
    ※ お湯の蒸気に乗って香りが立ちむせますので(笑)最初は2、3滴入れて試してみてくださいね♪
  5. 半日くらいで固まったら完成(^^)/

【補足】私は手持ちのタッパの容量に合わせて上記分量で作っていますが、ご家庭にある容器に合わせて粉石けんの量を調整してくださいね♪

使い方

事前にウェスやティッシュペーパーなどで食器についた汚れをさっと落とし、あとは普通にスポンジに洗剤を適量取り、よく泡立てて洗えばOKです☆

コスト

計 35円!というコスパの良さ☆
※ もしエッセンシャルオイルが不要な方は、更にコストが抑えられますね。

良い点

  • 粉石けんと精油のみで作っているので体に優しい
  • 粉石けんと精油のみで作っているので地球に優しい
  • 好きな香りで作れる
  • 界面活性剤不使用のため香りが手に残らない
    → 食器を洗った後に食材を触っても香りが移らず美味しい料理が作れる
  • 使いやすい好みの粘度で作れる
  • 粉石けんが1つあれば、食器用洗剤にも洗濯洗剤にも使えるので所持品削減
  • 収納スペースの削減
  • コストの削減
  • ゴミの削減(粉石けんの袋は雑古紙等でリサイクル)

注意点

  • お湯の温度が低すぎると粉石けんが溶けません
  • 私はタッパ派ですが、ポンプディスペンサーに入れて使いたい方は、粘度が高いとノズルに詰まりやすくなりますので、超シャバシャバの液体石けんにするか、ノズルが太いポンプディスペンサーに入れて使ってみてくださいね

購入先のご紹介

粉石けん

ミヨシ石鹸のそよ風 微香タイプ(スイートフローラル)。洗濯洗剤としても長年愛用中です。

香り不要の場合、こちらが良いですね。

エッセンシャルオイル(精油)セット

エッセンシャルオイルは、「エッセンシャルオイル(精油)」と書かれた品質が確かなものをお好みで♪ 私は最初「AEAJ表示基準適合認定精油」と書かれたエッセンシャルオイルをまとめ買いして試し、好みの香りを探しました。好みの香りを見つけられるといいですねo(^^)o

ミニ泡立て器

サイズ:19×19×136mm、素材・材質:18-8ステンレス鋼

サイズ:167mm、素材・材質:18-8ステンレス

さいごに

粉石けんがあれば、洗濯洗剤としても食器用洗剤としても使えて助かっています♪
最初にべとつく油汚れはウェスなどでぬぐってから洗えば普通に汚れが落ちますし、泡切れも良く何も不自由無し。私は同じタッパを2個揃えており、1つストックがあるという状況にしています。その方が安心なので(^^)
また、同じ容器、同じ軽量スプーンで作れば、容器に合わせて計量方法を変えなくてすむので、頭が楽です(笑)
では、また~(^^)/

関連記事

ナチュラルライフ記事一覧へ

ナチュラグラッセ BBクリーム【レビュー】ナチュラグラッセ モイスト BBクリーム:色味が自然で伸びが良く時短メイク&時短洗顔で楽ちん【ナチュラルライフ】

危ない「住活」~いい家を買う50のヒント~ / 竹島靖 著:家は衝動買いせずいろいろ調べてからにしましょ♪【書評】

関連記事

  1. アイキャッチ・アルカリ電解水

    アルカリ電解水クリーナー(激落ちくん)でレンジフード掃除が楽にキ…

    こんにちは、ふわりです♪ナチュラルライフシリーズ洗剤編。アルカリ電解水クリーナー(激落ちくん…

  2. 排水口・アイキャッチ

    台所の排水口掃除は重曹とクエン酸でキレイになります【ナチュラルラ…

    こんにちは、ふわりです♪ナチュラルライフシリーズ台所編。地球と体に優しい「食用の重曹とクエン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

翻訳 / Translate

PAGE TOP